HOME > ブログ > 6歳自閉症の男の子、2010年5月からの2年間

6歳自閉症の男の子、2010年5月からの2年間

自閉症 2012年5月17日

今年で6歳になる自閉症の男の子ですが、
2010年の5月から開始して、この5月までの2年間に、
23回のアジャストメントを行いました。

男の子が4歳のころ、
最初の2回のセッションでは、体性感覚に問題があり、
ボディーイメージが形成されていないためなのか、
お母さんの抱っこから離れられず、不安も伴っていたため、
床に足をつけることもできませんでした。

ですので、お母さんに抱っこされたまま、
可能な箇所からアジャストメントを開始しました。

開始から2週間後の3回目のセッションでは、
お母さんだけでなく通園施設のスタッフからも、
好ましい変化が伝えられました。

  • 体の動きが大きく変化した!
  • 興味を示す範囲がひろがり、いろんな物をさわれるようになった!
  • 施設の広場や公園など、外で過ごす時間がこれまでになくのびてきた!
  • 滑り台から一人で滑れるようになった!
  • まるで別人のように見えます!

などのコメントが聞かれました。


そしてアジャストメント開始から2カ月後の7月には、
順調に能力が伸びているようすが聞かれました。

例えば

  • 一人で立っている時間が増えた!(抱っこの時間が大きく減った)
  • 一人で遊べる時間が長くなってきた!
  • まわりの子どもたちと関わる機会が少しずつ見られるようになった!
  • 園のスタッフの言葉の指示も、わずかではあるが反応しているようである!

このような報告でした。

夏休みに家族で海へ行ったときのエピソードでは、
砂浜や海風や波の音にも混乱することなく、
以前に何回か行ったときのようすとは明らかに違っていて、
男の子なりに楽しく遊ぶことができたとのことでした。

6歳自閉症の男の子.jpg

2010年の5月からはじまった、
6歳の男の子(自閉症)のカイロプラクティックですが、
その年の夏までは順調に好ましい変化が見られ、
男の子の能力を良い方向に伸ばすきっかけになったと、
みんなが喜んでいました。

しかしながら、
2010年の秋から冬にかけての半年間には、
良い変化よりも、園で泣いている時間が増えたり、
混乱する場面が見られたり、体調を崩してしまい、
普段通りのパフォーマンスが維持できないようすが報告されました。


その後、冬が終わり春に向けての毎日の中で、
徐々に体調も安定しはじめ、
アジャストメント開始から10カ月後の2011年3月には、
ゆっくりとした成長が継続的に見られ、
なによりたくさんの笑顔が男の子に見られるようになったと、
お母さまがとても喜んでいらっしゃるのが印象的でした。


2011年の春から初夏にかけては、
男の子の状態がアップダウンするようすが伝えられることが
多くなりました。

体調が比較的良い状態にもかかわらず、
お家や園でも泣いていることが多く、
いろいろな場面で消極的になってしまい、
園に通うこと自体が難しい状況が続きました。


2011年9月、開始から1年4カ月、
合計18回のアジャストメントを迎えました。
夏のはじめの難しい状態から脱して、
この年の夏休みはとても楽しく活発に過ごすことができた、
とのことでした。

園でのようすも大きく改善し、この頃には初めて一人でブランコに
乗れるようになりました。
加えて、まわりの子どもたちとの遊び方や関わり方が、
安定してうまくいくようになり、はっきりとした言葉は出ないものの、
表情や身振りを使ったコミュニケーションの広がりが
見られるようになりました。

10月には、数ヶ月前から開始した、
感覚統合訓練が充実してきたとお聞きしました。
いろいろな課題や運動に積極的に取り組めていて、
特に平衡感覚入力を刺激する道具を使った内容が、
以前には考えにくかったことですが、むしろ好きになって、
もっともっとと訓練士に要求していたようです。

そして2010年5月から開始したカイロプラクティックは、
今年の5月で2年が経ち、3年目に入りました。

最新のセッションでお伝えいただいたようすは:

  • 新年度にともなう環境の変化に、これまでになくスムーズに対応できている
  • 新しいスタッフや園の子どもたちとも、円滑かつ順調に関係を築くことができている。
  • 園の運動場で登って走ってジャンプして、とにかく体を動かすのが楽しいようす
  • これまでには怖がって近づかなかったもの、例えば芝刈り機や遊具などにも、興味を示している
  • 一日のスケジュールの見通しがつきやすくなったようで、切り替えがうまくいっている

この男の子がもっともっと潜在能力を発揮して、
得意なことが一つでも増えて、苦手なことが一つでも減って、
大きく大きく成長していってほしいと願っています!

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る