HOME > ブログ > 歩行器の使用について

歩行器の使用について

歩行器について 2012年9月24日

赤ちゃんの首がすわり、
おすわりも一人でできるようになって、
足腰がしっかりしてくる頃には:


歩行器を使ってもいいですか?

他のママからも勧められましたが、
子どもの発育や発達への影響は
大丈夫なのですか?

というご質問が増えてきます。

名称未設定-1.jpg

小児カイロの視点からは、
出来るだけ自然な形で、
赤ちゃんに成長して欲しいという理由から、
歩行器を使うことは原則的に推奨しません。


例えば先日、
一人のママと歩行器についてお話したのは:

親戚のいとこのお家から
おさがりの歩行器が来たので、

今のところハイハイが移動手段の
ウチの赤ちゃんを早速乗せてみると、
ハイハイよりスピーディーでダイナミックな
動きに、かなりハイテンションになって
キャーキャー喜んでた!!

歩行器にのっている時間は、
一人で楽しく過ごしているので、
家事がはかどって、すっごく助かる!

でも、あるママ友からは、歩行器に乗った子は、
歩き出すのが遅くなることがあるかも、
そういう風に言われた...


このママのお話から想像すると
歩行器に乗ったお子さんはとても楽しそうで、
ママには育児と家事の両面で助かっている
ようですが、同時に歩行器には
賛否両論あるようです。


小児カイロは、
子どもたちが本来持っている成長力を
最大限に尊重し、ゆっくりでも着実に、
そのプロセスを進むことが、
最も重要だと考えます。


歩行器の使用を推奨しない理由として:

  1. 発育にとても重要なハイハイの時間が減少する
  2. 立って歩くために必要な、筋肉や骨格の発育への影響
  3. 固有覚や平衡感覚など、感覚と運動神経の発達への影響
  4. 歩行とその後の運動発達、および姿勢など身体的発達への影響
  5. 玄関などの段差から転落するなど、事故の可能性


一つ一つの理由について、
次回でもう少し詳しくお伝えします。

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る