HOME > ブログ > こどもカイロ健康教室in香川県三豊市マリンウェーブ

こどもカイロ健康教室in香川県三豊市マリンウェーブ

小児カイロ 2014年6月10日

こどもカイロ健康教室 in
香川県三豊市マリンウェーブ
「神経について」
というテーマで開催しました。

こどもカイロ健康教室でのエピソード.jpg

主催者の福岡先生のブログに、たくさんの写真入りで当日の様子が詳しくレポートされていますので、是非ご覧ください。
あっはっは笑顔会のブログ

当日のエピソードの中から、さらに私がお伝えしたいのは、質疑応答での、一人のママさんとのやりとりです。

今回のテーマの神経とは、直接的な関係はありませんが、ママたちからの相談は、お子さんの健康状態が実際の生活に直に、特に家計などに影響している場合に、どのように対処したら良いか、そういう内容が必然的に多くなります。

そして、その対話の中で必ずと言っていいほど関連してくるのが、薬での対処に終始する現代小児科医療にまつわる問題点です。


以下が対話の内容です↓↓


保育園に通う9か月のお子さんが、発熱と風邪の症状を繰り返しており、37.5度以上だと登園できないために、ママがたびたびお仕事を休まなければならない状況に困っていて、結果的に家計にも影響が出てきているとのことでした。

Dr.小畑:お子さんが風邪をひくと、まず近くの病院に行かれるのですね?

ママ:はい、近くには小児科が一つしかなく、そこがかかりつけなので行ってます

Dr.小畑:そこではお薬をもらってると思いますが、お子さんの風邪が治りにくいんですね?

ママ:はい、そうなんです。そのために私も仕事を休むことが増えてきてるので、どうしたらいいかという思いもあって、お薬を使わない新しい小児科の先生が来られるということで、何か改善のきっかけになるかと思い、今日の会に参加しました。

Dr.小畑:まずお伝えしたいのは、病院に行っても、お薬を飲んでも、お子さんの風邪が良くならないのは当たり前ですよ!

ママ:えっ?? だって病院のお医者さんが出してくれるお薬で風邪が良くならないって、どういうことですか?

Dr.小畑:風邪に効く薬があると思ってたもしれませんが、実は存在しません。

風邪の症状、せきとかくしゃみとか、下痢も嘔吐も、登園できるか否かに一番関係してくる発熱も、すべて体が必要だから起こしている反応(症状)なんですよ。

体の中で増殖し過ぎたウイルス(バイ菌)を体から無くそう、排出しよう、手っ取り早くウイルスをやっつけようとする、決して止めてはいけない反応なんです。

それをせき止めとか、解熱剤などのお薬で無理やり止めたり下げたりしようとするから、お子さんの体からバイ菌がいつまでたっても無くならなくって、だからグズグズ風邪が長引くんです。

むしろお子さんの体の免疫さんたちは、黙々と与えられたお仕事をしているんですよ。

ママ:えー?? だってお医者さんは何も言わずこれ飲んどいてって、そう言ってお薬を出してくれてるので、それを飲ませれば大丈夫だと思ってました...

Dr.小畑:でも、実際のところお子さんの風邪は治らないし、発熱を繰り返すし、保育園も休みがちだし、ママもお仕事行けないし、家計にもじわじわと影響が出てるんですよね?

ママ:そうなんです、だからどうしたらよいか分からなくって...

Dr.小畑:一つのご提案ですが、今のまま病院に行って同じ先生に診てもらって、お薬を飲ませて、そういう状態だと、おそらくお子さんの風邪はすぐには良くならないでしょうね。すでにこれまで2カ月近くグズグズしてるということですし。

じゃあ思いきって、今までとは違うアプローチを考えるタイミングじゃないですか?

ママ:これまでとは違うアプローチって??

Dr.小畑:お子さんの体が出したがっている症状のすべて、せきもくしゃみも下痢も嘔吐も、発熱だってもちろん、それは体が回復するために必要なもの、むしろ歓迎すべきものだとママが理解して、気持ちを前向きにして、お子さんへの接し方を変えて、根気良く見守ってあげる、そういう風に変えてみませんか?

でなければ、今のままの対応ではお子さんのグズグズした状態はなかなか変わりにくいと思いますけど。

ママ:そうですか...でも子どもが保育園を休んで私も仕事に行けないのは困るんですが...

Dr.小畑:このままお薬を飲ませ続けて、その場しのぎでお子さんの症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、お母さんも仕事や家計のことでストレスを感じ続ける。

加えて、お薬には何らかの副作用や長期的な影響も懸念されます。いくらかかりつけのお医者さんが大丈夫と言っても、一方では、小さな子どもがお薬の服用を出来るだけしないように注意する情報も、いくらでも見つかります。

思いきって熱も出しきって、その他の症状も止めずに、一つ一つの風邪を乗り越えていけば、少し長く感じるかもしれませんが、その後はお子さんの免疫力がどんどん鍛えられて、風邪が流行って仮にかかってしまっても、すぐに回復するようになりますよ。

この方が、長い目で見ればお子さんの体調も安定するし、余計なお薬の影響も避けられるし、ママもお仕事を順調に続けられるし、家計的にも安泰じゃないですか?

このようにお伝えしました。
そのママからいただいた感想です。


深く考えず興味本位で参加しましたが、とても考えさせられる時間になりました。風邪が治らないことを、親の健康管理が不十分だからだと言われて悩んでいたのですが、少し自然に任せて様子を見てみようと思います。

私を含め免疫力をUPしたいでので一度チェックをうけたいと思いました。

その他の参加者からの感想もご紹介します。

育児には不安なことだらけで、どうしても多数の人がしてることをして、結果が早くでると安心していました。今日お話を伺い考え方が変化しましたとても充実した1日でしたありがとうございました!

薬を飲んでも子供の風邪は長引いていたので、薬の使い方について考えたいと思いました。予防接種は無条件に良いものだと思い込んでいました。

1度カイロプラクティックを受けたいと思いました。自分の免疫力を上げて病気に負けない体を
作っていきたいです。今まで薬に頼りすぎていた事に反省でした。

予防接種、アレルギーの話しが為になって分かりやすかったです。

スキンケアの話、とても勉強になりました子供の体を洗ってなくて正解で安心しました。

とてもおもしろかったです。体温の話や免疫の話大切だと思いました。ありがとうございました


当日の午前中のうどんツアーのようす

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る