HOME > ブログ > 子どもたちの健康とお薬について

子どもたちの健康とお薬について

子どもくすり.jpg

  • 出来るだけお薬を飲ませたくない、
  • 出来るだけお薬を飲んで欲しくない、
  • 病院に行かなくて済むのなら、それに越したことはない、

そうあって欲しいと最初に思うのは、
家族の中では誰でしょうか?

そして、家族の中で、
一番元気に健康でいて欲しい、

そう思うのは誰でしょうか?

いろいろなお答えが
あるかも知れませんが、

私の中での答えは100%、
小さな赤ちゃんや子どもたち、です。

赤ちゃんと子どもたちが本来持っている能力には、大人の想像をはるかに上回るすごいパワーが備わっていて、

自分の成長のためには何が必要か、

どんな刺激が必要か、

何を見たり聞いたりしたら面白いか、

どのタイミングで何をどれぐらい食べればよいか、

どれぐらい体を動かせばよいか、

どれぐらい眠れば良いか、

たくさんのことを自分たちで選択し判断していると私は思います。


でも、
例えば「お薬」というものに関して、

それがもともと自然界には存在しない「合成品」だからなのか、

味やにおいがほとんど無いから分かりにくいのか、

逆に甘い味が付いていて分からなくなっているのか、

果たしてお薬は自分の体にとって有益なものなのか否か、

それらを小さな子どもたちが判断するのはとても難しく、その判断はすべて、親(大人)に委ねられています。


お子さんにお薬を飲ませる前に、
いくらお医者さんが大丈夫と言っても、
お子さんがしんどくてつらそうなので、
それを和らげてあげたいと思っても、
周りの子どもたちも
みんな飲んでいるからといっても、

お薬にまつわる
いろいろな事情について
もっと調べて知って、

お子さんの健康には
何がベストなのかを
検討してみませんか?

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る