HOME > ブログ > なぜ私たちは未だにワクチンを打ち続けているのか?という25の疑問!!

なぜ私たちは未だにワクチンを打ち続けているのか?という25の疑問!!

ワクチン 2014年12月29日

1.ほとんどが性感染症、または麻薬常習者の注射針から感染する病気に対して、どうして産まれてすぐの赤ちゃんにワクチンを接種するのか?(B型肝炎)

2.生後3-6ヶ月にならないと抗体を作りはじめない赤ちゃんに、なぜワクチンを接種するのか?

3.母乳育児の赤ちゃんがたくさん抗体を作っている時期に、政府はどうして、あえて母乳育児を遅らせてまで、代わりにワクチンを推奨するのか?

4.ワクチンで悪影響があった子供に対して、どうしてワクチンを製造販売する製薬会社は責任を問われない「仕組み」になっているのか?

5.ワクチンに関する、二重盲検、プラシーボ試験、ランダム化比較試験など、大規模エビデンスの研究がなぜされないのか?

6.どうして、アメリカのワクチン接種スケジュールに合わせるの?世界で最も多くワクチンを接種しているアメリカ、イコール先進国で最も乳幼児突然死症候群が報告される国なのに。

7.90%以上の人口がワクチンを接種しているのに、それでもなぜ病気が集団発生するの?そもそも集団免疫理論とは何なのか?

8.いずれにせよ、かかるし、広まってしまう病気なのに、なぜワクチンの摂取をするの?(インフルエンザなど)

9.むしろ子供の免疫を高める病気であり、命に別状があるわけでもないのに、なぜそんなに恐れているの?

10.なぜ、ワクチン生産会社は抗原を減らし、注射した部分が腫れたり赤くなったりする、安くて毒性の高い添加物を注入するの?

11.ワクチン生産会社にとって、本当に一番大切なことは子供の安全を守ることだとするなら、どうして複数のワクチンの摂取をさせるの?

12.ワクチンを推奨し、声高に安全性を主張する医師は、なぜワクチンを接種する前に、その医者が安全を保障し責任を負うという内容のサインをしないの?

13.300億ものお金がワクチンによって悪影響または死亡したケースに払われている事実があるのに、それでも死亡はワクチンには関係なく、ワクチンは絶対安全だと言っているのに、なぜ憤りを感じないの?

14.過去200年に渡って広まった、致死的疾患は、飲料水・衛生・栄養摂取の改善や生活環境の改善によって激減しているという歴史をなぜ認識しないの?

15.なぜ、人は集団免疫のことを疑いもせず繰り返すの?

16.なぜ、ワクチン推奨派の人たちは、自分たちのワクチンに関する知識を最新のものにアップデートしないのか?

17.なぜ、ワクチン推奨派の人々は、科学的根拠のある研究を無視するのか?

18.1920年代に発達した水銀性のチメロサールについて、政府医療機関はどうして安全性テストを行わないのか?

19.医療従事者の40%しかインフルエンザワクチンを打っていないのはなぜ?それは、彼らが効果を信じていないから?

20.ワクチン接種義務の法律(米国)はあるのに、なぜ医原性死亡(医療ミスによっての死亡。米国死亡理由の3位)から自らを守る権利は認められず、その法律も存在しないのか?

21.なぜ、ワクチン推奨派の人々は、ワクチンこそが病気を拡散していると認めないのか?

22.ワクチンは絶対安全だという政府医療機関の言葉を、何故?未だに信じるのか?

23.どうして、中絶胎児の細胞をワクチンに使用するの?サルや鶏や人間の腫瘍細胞のDNAもなぜ使用するの?

24.研究で、アルミニウムは毒性があるといわれているのに、抗原性補強剤としてアルミニウムを使用するのはなぜ?

25.政府が病気や薬物の人体実験を秘密裏にしていないとなぜ信じるのか?政府は、それをしてきたし、明るみになったときは何度も謝罪してきたではないか!

http://livelovefruit.com/still-vaccinating-25-questions-former-pro-vaccine-advocate/

なぜ私たちは未だにワクチンを打ち続けているのか.jpg

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る