HOME > ブログ > 抗生物質を使った子どもは若年性特発性関節炎を発症しやすい?

抗生物質を使った子どもは若年性特発性関節炎を発症しやすい?

『抗生物質』と『若年性特発性関節炎』の関係性云々は置いておくとしても、風邪に対して安易に抗生物質を処方する、患者側も処方されないと納得しない傾向はいかがなものかと。
 
風邪の多くのケースはウイルスが原因で、細菌に対してのみ有効な抗生物質は当然効果がありません。目に見える明らかなリスクは、無いように見えるかもしれませんが、記事の内容のように、直接結びつけることが難しいリスクもあるでしょうし、抗生物質の効かない『耐性菌』の増殖にも繋がります。
 
必要な時もあるでしょうが、乱用は厳禁です。

ウイルス.jpg

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る