HOME > ブログ > ついに最終報告か!?ワクチンを打った子供より、打っていない子供は「はるかに健康」!?

ついに最終報告か!?ワクチンを打った子供より、打っていない子供は「はるかに健康」!?

ワクチン 2015年11月12日

【ついに最終報告か!?】
 
ワクチンを打った子供より、
打っていない子供は「はるかに健康」である。

 
まずは一枚目の添付画像。

waku1.jpg

随分と有名になった、KIGGS(ご存知ない方はKIGGSで検索)の調査をおさらい。0才から17才までの17461人の子供たちを対象に実施(2012年7月時点)。
 
上から、
糖尿病:
ワクチン接種グループ → 0.20%
ワクチン未接種グループ → 0.07%
 
自閉症:
ワクチン接種グループ → 1.10%
ワクチン未接種グループ → 0.44%
 
甲状腺疾患:
ワクチン接種グループ → 1.70%
ワクチン未接種グループ → 0.10%
 
片頭痛:
ワクチン接種グループ → 2.50%
ワクチン未接種グループ → 1.09%
 
てんかん及びその他の発作:
ワクチン接種グループ → 3.60%
ワクチン未接種グループ → 0.33%
 
側弯症:
ワクチン接種グループ → 5.30%
ワクチン未接種グループ → 0.49%
 
自己免疫疾患:
ワクチン接種グループ → 7.00%
ワクチン未接種グループ → 0.37%
 
多動症:
ワクチン接種グループ → 7.90%
ワクチン未接種グループ → 2.04%
 
花粉症:
ワクチン接種グループ → 10.70%
ワクチン未接種グループ → 3.00%
 
中耳炎:
ワクチン接種グループ → 11.00%
ワクチン未接種グループ → 1.91%
 
ヘルペス:
ワクチン接種グループ → 12.80%
ワクチン未接種グループ → 0.27%
 
神経皮膚炎:
ワクチン接種グループ → 13.20%
ワクチン未接種グループ → 7.00%
 
副鼻腔炎:
ワクチン接種グループ → 15.00%
ワクチン未接種グループ → 0.75%
 
喘息及び慢性気管支炎:
ワクチン接種グループ → 18.00%
ワクチン未接種グループ → 2.32%
 
アレルギー:
ワクチン接種グループ → 22.90%
ワクチン未接種グループ → 10.60%
 
上記の結果に加えて、下記の疾患群(二枚目の添付画像)に関しても、ワクチン未接種の子供たちにおける極めて低い有病率が、同調査からは示された↓↓

waku2.jpg

失読症(ディスレクシア、学習障害の一種) → 0.21%
 
言語発達遅滞及び構音障害 → 0.38%
 
感覚処理及び統合障害 → 0.28%
 
不安神経症 → 0.25%
 
うつ症状 → 0.12%
 
おねしょ、夜尿症 → 0.12%
 
セリアック病 → 0.12%
 
グルテン過敏症 → 0.41%
 
胃食道逆流症(GERD) → 0.06%

Finally! Studies Prove That Unvaccinated Children Are Far Healthier≫
Results Illnesses≫

Blog記事のコメント

  • icon
    Rieko Yamaji:ついに出ましたね!(^^;;

  • icon
    稲室 さなえ:ぱっと見ただけでも明らかですね(ー_ー;)

  • icon
    新妻 盛彦:シェアさせて頂きます!

  • icon
    小畑 おばた 良明:個々の免疫状態はコントロールできないため、このような比較対照試験を用いてワクチンの有効性や弊害を調査するのですが、私見を述べるなら、いかなるワクチンの「有効性」も明らかでない一方で、弊害やリスクに関してはこのようなデータから明らかな傾向が見られる点、また、そもそもワクチンで「予防」し発症を抑えようとしている疾患群は、特に小児の免疫系発達においては重要な役割を担っている点、などを総合的に考慮すれば、ワクチンに関する選択は自ずと決まるでしょ?とお伝えしています。

  • icon
    伊佐 和敏:海外では結構前から出ているデータなのに日本では新しい情報扱いなのが不思議ですね。

  • icon
    小畑 おばた 良明:このリサーチでは、継続的に追跡調査が実施されているようで、リサーチの「N」が増えるにつれて、一枚目の画像のデータに加えて、二枚目の画像で示された傾向が見えてきたということで、Finally!という見出しになったのかと想像しています。まあリサーチを今後何回繰り返しても、同様またはさらに好ましくない結果が出ることでしょう。

  • icon
    孕石 尚志:シェアさせて頂きました。

  • icon
    井元 雄一 :いまの医学は本当に科学に基づいていないというか何というか...(。-_-。)

  • icon
    小畑 おばた 良明:5大療法のうち、いろいろな経緯と思惑から、対症療法=アロパシーい走っちゃった現代医学は、ダントツでレベル低いです。つまり、アロパシーがここまで幅を利かせている日本の医療も、ダントツで低レベルです。

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る