HOME > ブログ > 「小児科医療」の現実

「小児科医療」の現実

小児カイロ 2016年9月22日

せっかくの休日なのに、
こんなネタもなんですが^^;
 
当たり前過ぎる「小児科医療」の現実
悲し過ぎる「小児科医療」の現実
何とかして変えたい「小児科医療」の現実
ーーーーー
 
1. 健康な赤ちゃんが産まれました
 
2. その子を病院に連れて行きました
 
3. 当たり前のようにワクチン打たれました
 
4. その子が発熱し中耳炎も発症しました
 
5. 医者は抗生物質と解熱鎮痛剤を処方
 
6. でもその子の症状は改善しませんでした
 
7. 医者はさらに抗生物質と解熱鎮痛剤を処方
 
8. その子がアレルギーと湿疹を発症しました
 
9. 医者はさらにワクチンを打ちました 
 
10. その子が喘息とADHDになりました
 
11. 医者はステロイドとコンサータを処方
 
 
12. そして家族は医者に言いました。
「助けてくれてありがとう」

getit.jpg

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る