HOME > ブログ > ファスティング

ファスティング

免疫力 2017年6月23日

Cell Stem Cell 誌によると、
(幹細胞生物学の広い領域に関する非常に重要で革新的な研究結果や論文を掲載)
 
例えば2日間~4日間の「ファスティング」を一回として、それを6ヶ月間に渡り定期的に継続した場合、抗がん剤治療の主要な副作用である「免疫システムへのダメージ」を防ぐ効果だけでなく、休眠状態にあった幹細胞を自己再生状態にシフトさせる効果があると報告した。
 
A study published in Cell Stem Cell shows that cycles of prolonged fasting not only protect against immune system damage -- a major side effect of chemotherapy -- but also induce immune system regeneration, shifting stem cells from a dormant state to a state of self-renewal.

ThinkstockPhotos-640021442.jpg

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る