HOME > ブログ > 以前と変わらず小児カイロも頑張ってます!

以前と変わらず小児カイロも頑張ってます!

小児カイロ 2017年7月27日

【以前と変わらず小児カイロも頑張ってます!】
 
今年の4月から、京都市伏見区で「あすか保育園」という小規模保育園の運営を開始したことを既にご存知の方も多いと思いますが、その一方で、
 
ええー!!じゃあ小畑先生!!!
小児カイロやめちゃうんですかぁ??
京都に引っ越してしまうんですかああ??
 
というようなコメントも、ちらほら聞かれましたが^^;
 
そんなん、まさか!辞めるわけないっす!
てか、小児カイロはぜったい辞めれませんよー
 
だって、子どもたちの「ミラクル」に遭遇しまくりなんですもん!
 
こんなええもん、こんなオモロイもん、辞めてまうわけないですよ!
 
もちろん食べていかなアカンしw
 
京都にも引っ越しません!だって神戸好きやし(^^)
 
まあこんな話は置いといて...
 
最近、特にうれしかった子どもたちのケースと家族の声です!
 
一人目は3歳になる、Rちゃんという女の子。
原因不明の発育と発達の遅れを改善すべく、小児カイロをスタートされました。
----------------------- 
 
2歳になっても一人で歩くことができなかった。
かかとをつけて立つことができず、つま先で「つたい歩き」をしていた。
 
通院して約半年で歩けるようになった。
 
通院してすぐに感じたことは、すごく活発になったこと。
 
はいはいが上手になり、家の中での行動範囲がすごく広がり、いっきに世界が広がった様子でした。
 
通院ごとに、少しずつ体を使った遊びの幅が広がり、ある日、とつぜんかかとをつけて2、3歩、歩けるようになりました。
 
本人も嬉しくて楽しくて、今では元気にあちこち動きまわっています!
-----------------------
 
もう一人は、
今度3歳になる、ゆいとくんという男の子。
2歳前になっても歩けないなど、全体的な発達の遅れを心配されたパパが、インターネットで小児カイロを見つけてのご来院でした。
 
全体的な発達の遅れがあり、1才10か月になっても「独歩」ができず、手を持ってやると、左足を引きずっていた事と、立った時の姿勢に違和感があったため、小児カイロを受けました。
 
初めての施術から2日で歩けるようになった。
 
施術回数を重ねるたびに言葉や遊びの種類が増え、1才~1才10か月の間、成長が感じられなかったが、カイロを受け、日々成長を感じるようになった。
 
医師や保健師さんには「様子を見ましょう」としか言われなかったが、小畑Dr に相談して、不安な気持ちが晴れていった。
 
指さしや要求の伝え方がうまくなり、育児が楽になった。
----------------
 
やっぱり、小児カイロ、
やめる訳ないっす(^^)(^^)

以前と変わらず小児カイロ1.jpg

以前と変わらず小児カイロ2.jpg

Blog記事のコメント

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る