HOME > ブログ > あすか保育園でのエピソード

あすか保育園でのエピソード

小児カイロ 2018年5月21日

【あすか保育園でのエピソード】
 
ある男の子のお話ですが、ハイハイがきごちないとの報告が保育士から寄せられたので、こないだの土曜日に実際にそれとなーく観察してみると、確かに左の仙腸関節にサブラクセーションがあると思われたため、持続圧(sustained pressure)タイプのアジャストメントを軽く実施。
 
すると、男の子は月曜日の今日、大きく改善した「高速化パワフルハイハイ」を保育園で披露してくれたそうです!
 
うれしいです(^^)
 
でも動画や写真は忘れました^^; が、またの機会にシェアできればと思います
 
An episode at our nursery school.
 
A baby boy almost one year old was not crawling smoothly right and left, and first it was reported from a nursery staff that she noticed asymmetric pattern of his crawling.
 
After careful visual inspection and motion palpation, the boy's SI joint was subluxated moderately as P-L listing, and did gentle sustained pressure type of an adjustment, which was on last Saturday.
 
Today was Monday and the baby boy came back to nursery, and the good news was!! He started to crawl very smooth and powerful, and almost symmetric!!
 
In addition, father of the boy reported first thing in the morning that he noticed good changes at home already on Sunday!
 
Very happy and motivating episode to share!!

ThinkstockPhotos-538644121.jpg

Blog記事のコメント

  • icon
    松本 由子:まぁ素敵。 流石、小畑先生^^

  • icon
    若城 弘治:すごい症例ですね! 益々のご活躍を楽しみにしております!

  • icon
    Shin Takahashi:即アジャストも受けられる幼稚園は日本でココだけ。

  • icon
    いなば まさのり:いやあ!感動! カイロプラクターと連携とれる保育園は我が国唯一! 素晴らしいことですよ。 あとは、仙腸関節のサブラクセーションがハイハイの駆動にももろ影響を受けることに納得した次第です。 エピソード&レポート、ありがとうございます!(*^^*)

  • icon
    小畑 おばた 良明:子どもの良い変化の早さには今さらながら驚かされます。私たちが褒められるとしたら、目の付け所でしょうか? 小児カイロが一つの特徴って保育園や幼稚園が存在してもええかと思うんやけどねー

  • icon
    江川 哲也:The power of adjustment!

カイロキッズこうべOffice | C.A.C.C.P.とは? | Dr.OBATA | 来院からの流れ | 患者様の声 | セミナー | ブログ | Q&A | ご予約・お問い合せ

Copyright (C) CHIROKIDS Kobe. All Rights Reserved.


上へ戻る